マイカーローン金利は比較をして計算をしておけば返済が軽くなる

マイカーローンは金利比較が重要

マイカーローン金利

 

車を買う際に利用する方が多いローンは、ディーラーでのローンではなく銀行で借りるマイカーローンでの比較が欠かせません。

 

銀行のマイカーローンであればディーラーローンよりも金利が低くなるためで、低金利で借りることによって返済の負担が軽くなり、最終的に支払う総額が大幅に抑えられる可能性があります。

 

手軽だからと、よく分からないからとディーラーのローンでの借り入れとしてしまうと金利で損をしてしまうため、車のローンを利用するなら銀行のマイカーローンを中心とした金利比較をしっかりと行っておくようにしましょう。

 

マイカーローンの金利タイプ

ディーラーで借りるローンの多くは金利が契約時に決められ、完済まで同一の利率で支払っていくものがほとんどです。

 

所謂「固定金利」と呼ばれるタイプであるのに対し、銀行で借りる金利の低いマイカーローンでは「変動金利」となっているタイプが多いです。

 

変動金利はその名の通りに金利が変動をする可能性があるタイプとなり、金利情勢に応じて年に2回ほどの金利の見直しがされることとなります。

 

金利が上昇していれば変動金利での契約金利も上がることとなってしまい、逆に金利が下がっていれば契約中に金利が下がります。

 

金利が下がるとなることは稀ではありますが、変動金利は銀行側が金利変動のリスクを背負わなくて済む分だけ低金利での貸し付けを可能としており、銀行の低金利マイカーローンでは変動金利が多く採用されているのです。

 

変動金利のリスクと許容範囲

マイカーローンの金利を低くして借りたいとなれば変動金利は外せませんが、変動金利で気になるのは金利が上昇するリスクです。

 

例えば住宅ローンでは変動金利はリスクが大きいと考え、金利が変動をしないフラット35での契約とする方も少なくありませんが、マイカーローンではそこまでとはいえません。

 

というのも、マイカーローンの契約は長くても10年程度であり、借りる金額もせいぜい数百万円です。

 

数千万円を何十年にも渡って借りる住宅ローンと比べると借りる金額も借りる期間も少なく短いため、金利が変動をしたとしてもそれまでの低金利の期間を考えれば十分にメリットがあるともいえます。

 

あくまで返済の計画次第ではありますが、銀行で借りるマイカーローンの中には繰上げ返済手数料が無料となっているところもあるので、変動金利での契約で積極的に返済を進めておけば、仮に金利が上昇してしまったとしても残額が少なくなっているために負担も大きくはならないのです。

 

固定金利が選べる銀行もある

金利を低くして借りられる銀行のマイカーローンの中には、変動金利ほどの低利率とはならないとしても固定金利で借りられる商品を用意しているところもあります。

 

固定金利型であってもディーラーローンと比べると金利は低くなっているので、変動金利のリスクは負いたくないと考える方も固定金利で低利率となる銀行マイカーローンを探せば問題ありません。

 

変動金利で借りるにも固定金利で借りるにも、やはり重要となるのはマイカーローン金利の比較です。

 

余計な利息や手数料で返済の負担を大きくしないためにも、車を購入する際のローンに関してはしっかりと金利での比較を行っておくべきなのです。

 

高い金利で借りてしまっている場合には

車を購入する際に低金利のマイカーローンがあることを知らずに、高い金利で契約をしてしまっている方もそのまま大きな負担で返済を続ける必要はありません。

 

銀行の低金利マイカーローンのほとんどは借り換えにも対応をしているので、今現在の金利が高いのであればマイカーローンの借り換えによって返済の負担が軽減できる可能性があります。

 

借り換えとして利用をする際にもマイカーローンの金利比較が欠かせませんが、大手銀行や身近な地方銀行、または来店不要での手続きが魅力となるネット銀行など多くのマイカーローンを見ておくと良い借り換えに繋がります。

 

借り換えとして利用ができるおすすめマイカーローンはマイカーローン借り換えのページで確認ができるので、借り換え先が分からないといった方は注目です。

 

金利引き下げでさらに低金利

銀行のマイカーローン金利は優れた水準で返済負担も軽減ができますが、内容によってはさらに低金利で借りられるようにもなっています。

 

例えば地方銀行で多く見られるのが、取引内容に応じた金利の引き下げです。

 

マイカーローンを利用する銀行での給与振り込みや年金受け取りの指定があったり、公共料金の引き落としが一定件数以上ある、カードローンの契約があるなどの様々な条件を満たすと金利が引き下げられます。

 

基準金利の時点でディーラーローンと比べると低金利となっているにも関わらず、そこからさらに引き下げとなれば返済にかかる負担は大幅に減ります。

 

ディーラーで借りていたときとの計算、シミュレーションの比較で総支払額が数十万円も変わる場合もあるので、車のローンで損をしたくないなら銀行で借りる低金利マイカーローンです。

 

手続きは面倒ではない

銀行のマイカーローンは金利に優れるとはいっても、手続きが面倒になるのではないかと感じている方も少なくありません。

 

しかし、実際にはマイカーローンの手続きは難しいものではありません。

 

ネットで仮審査の申し込みは車が決まる前でも行えるところも少なくなく、マイカーローンの仮審査結果を知ってから車が選べるために実はディーラーローンよりも自由度が高いです。

 

郵送やWebでの契約に対応をしている銀行なら来店不要で契約まで進められ、平日の銀行営業時間に窓口までの来店が難しい方でも問題なく契約が行えます。

 

銀行でのローンと聞くとイメージとして時間がかかる、面倒、手間であるといった先入観がありますが、実際には銀行のマイカーローンはそうではないのです。

 

勝手な先入観で低金利マイカーローンを見逃してしまわないように、金利だけでなく手続きの進め方などでも銀行マイカーローンを比較しておくと良いでしょう。